たかくのブログ

ソフトウェアの品質管理、特にテスト、そして、映画と音楽、お酒とラーメンの話を綴ります。

『温顧創新』--ソフトウェア品質管理--

さて、10月とは、思えない寒さが続きます。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ソフトウェア品質管理の大御所、奈良 隆正さん(元(株)日立製作所  NARAコンサルティング)が講師を務めるセミナー『ソフトウェアの品質管理とは?』も9月29日に最終回を迎えました。この3回のセミナーを振り返りつつ、受講レポートをまとめてみました。

 

1.アブストラクト

以下の内容で、奈良さんの講義は進みました。

①過去2回のセミナーの振り返り

②2000年代の品質保証活動

③奈良さんにとっての品質保証活動

 

2.2000年までの品質保証活動 ~振り返りをとおして~

過去2回のセミナーで取り上げた、2000年までのソフトウェア品質管理の歴史を振り返りました。

①1970年代⇒黎明期

・作りっぱなしであったソフトウェア、製造が終了してからチェックを行う品質管理体制に限界が生じる。

・ソフトウェアの品質管理が出口管理オンリーから、中間での検証が加わる時代。

 

②1980年代⇒ 隆盛期

・プロセス指向のソフトウェア開発の考え方に伴い、品質管理も強化される。

・QC7つ道具は、この時代に生まれる。

・このようなものから、日本のソフトウェア戦略が生まれる。

 

③1990年代前半⇒定着期

グローバル化の波が訪れる。

・プロセスオンリーのソフトウェア品質管理の時代。⇒ISO9000,CMMI

・ISO9000⇒ブームとなるが、Howの記述がごっそり抜けている。認証が目的となり形骸化する。

CMMI⇒ISO9000と異なり、プラクティスが書かれている。

 

④1990年代中半~後半⇒停滞期

Windows 95の登場

・オープン化の波

・クライアント/サーバーシステムの誕生

・全体的にソフトウェアの品質は向上せず、「上手くいったら繋がる」といった風潮が生まれる。

・そんな中で、PIMBOKがトレンドとなる。しかし、PMBOKは、プロセスがきちんと動いていることが前提なので、実プロジェクト(特に上手くいっていないプロジェクト)に適用してもうまくいかなかった。

 

 3.そして、2000年代:再生そして発展

 背景

リーマンショックを前後して、東京証券取引所みずほ銀行などで社会的影響の大きな障害が発生し、ソフトウェア品質管理を見つめ直す機運が高まる。

 

実際の動き

・現場中心のアプローチ(ボトムアップ)が起きる。

・PPQA(プロセスと成果物の品質保証)が起きる。

 参考 

www.wibas.com

 ・テストが1つの技術となる。

・テスト戦略、テスト分析、テスト計画、テスト設計といったテストプロセスを事前に書く文化が生まれた。

・テスト実行前にテストプロセスをまとめる文化が生まれた。

ソフトウェア工学がソフトウェア品質管理のベースとなり、V&Vモデル・Wモデルが生まれた。

・奈良さんが特に強調したこ

①ソフトウェア品質管理の技術も百花繚乱である

②テスト工程も開発のオマケではなく、技術・人材ともに1つの形として確立されている

③しかし、危惧しなければならないこともある。例えば、メトリクスの収集にしても担当者は、そのメトリクスがなぜ必要か、収集後どのように活用されるかをまったく意識せずに、言われるがままに作業するケースが多々見られる。

④テストにしても、単にオペレーションを繰り返すだけでは、進歩がない。

PSP(Personal Software Process)は、有用であるが、2年間くらい、黙って、実践し、そこから自分自身そして、チーム、組織を変革する

⑤4GL、セキュリティ、アジャイルなど、新しい技術が喧伝されているが、ベースにあるのは、1970年代からのソフトウェア工学であることを思い返してほしい。

 

4.質疑応答

質疑応答では、次のような見解をベースとしたQ&Aが活発になされた。

ソフトウェア工学の基礎は、大学で学べるが、応用は社会に出てからになる

②しかし、大学のカリキュラムにも課題が大いにある。

③企業の現場は繁忙で、業務をソフトウェア工学をベースに振り返る余裕がない。

 

5.温顧創新

奈良さんは、この言葉でセミナーを締めくくりました。「温顧創新」とは、奈良さんが仲間内で考えた言葉です。「故きをを顧みながら、新しい技術・プロダクトを生み出して欲しい」という奈良さんから我々へのメッセージです。

 

 

f:id:half_moon0419:20171019145749j:plain
f:id:half_moon0419:20171019145648j:plain
おまけ:奈良さんにサインをいただきました。



 

 

 

 

アジャイル & ウォーターフォール

今日、セミナー「2017/10/18(水) [西新宿開催] 大きなSIerの中で「アジャイル開発で飯を食う」までの歩み」に参加しました。

詳細は、以下にあげるリンクを参照してもらいたいのですが、感想を書きたいと思います。

 

アジャイルな開発はトレンドかもしれませんが、ウォーターフォールを否定することは決してよいことでは、ありません。

 

理想を言えば、WBSが定義されている、ウォーターフォール開発を経験し、そのプロセスを踏まえて、アジャイル開発に向かうべきです。

なぜならば、アジャイルに取り組むためには、単にコードが組める、テストができるというだけでは、いけないのです。
製造・テストだけでなく、顧客に対して提案を行うビジネスセンスも必須です。

アジャイルには、ソフトウェア開発の全てのスキル・インフラのスキル・提案力が必要なのです。

森實さんのプレゼンの中で、「PMは、プロジェクトマネージャーからプロダクトマネージャーに」という言葉、インパクトありました。

 

これからのソフトウェア開発は、先人の歩いたプロダクトを学びながら、新しいものを生み出す「温顧創新」なのです。

 

では、参考リンクを!!

※今回のセミナーは、9/22のDevLove関西の再演です。一部、9/22の資料も加えました。

参加者のTweetまとめです。

togetter.com

講演の第1部)NRIの森實さんのプレゼンです。これは、9/22のDevLove関西での資料です。

www.slideshare.net

 

森實さんのプレゼン資料:10/18バージョンです。

www.slideshare.net

 

講演の第2部 NRI)森さんのプレゼン資料です。これは、9/22のDevLove関西での資料ですが、内容は同じです。

speakerdeck.com

 

映画『ドリーム』 ※ネタばれ注意

NHK おはよう日本の「チェック エンタメ」で取り上げていた映画『ドリーム』、観てきました。

 

舞台は、1961年のNASA

そこに働く、3人の黒人女性。彼女たちは、めちゃくちゃ優秀です。

しかし、NASAでのポジションは、決してそのキャリアに見合ったものでは、ありません。むしろ、不遇です。

それは、当時のアメリカが抱える人種差別の根深い問題につながります。彼女たちは、黒人であるが故に不遇をかこっていたのです。。

 

しかし、彼女たちは、諦めません。

1人は、数学の才能を遺憾なく発揮し、ロケットの軌道計算の分野でトップに立ちます。

1人は、白人しか受け付けない高校の入学資格を裁判所に請願して勝ち取り、NASA初の女性エンジニアになります。

1人は、IBM7090のハードウェアの知識とプログラミング言語FORTRANを習得し、NASA初の女性管理職になります。

 

しかし、彼女たちの道のりは、過酷でした。

でも、彼女たちは、明るいです。常に前向きです。

小さなチャンスを生かして、そこから大きな結果を生み出していきます。

 

また、映画はトイレ・バスの座席・そして水飲み場までが、白人・非白人(黒人)と差別されていたという事実、そして男性中心の社会といった当時の時代背景を丁寧に描いています。

 

1961年は、アメリカそして日本も経済的国力が充実していた時代です。この映画を観て、手放しで「がんばろう!」とは、言いません。昔はよかったとも言いません。

でも、「明日もチョットだけがんばろう!」、そんな気持ちにさせる、静かな感動を生む映画でした。

 

では、この辺で。

 

オマケ:TOHOシネマズ新宿、シネコンとして、オススメです。

 

 

Simple Life ~映画「人生フルーツ」より~

2週間経ってしまいました。

東中野の小さな映画館「ポンポレ東中野」に「人生フルーツ」を観に行きました。

 

のどかで、ゆったりとしたドキュメンタリーでした。

 

以下、ネタバレ注意!!

 

主人公のおじいちゃん「修一さん」は、かつて日本住宅公団のエースエンジニアでした。

しかし、高度経済成長の波は、修一さんが理想とする「自然と共存する住まい」を認めませんでした。そして、無機質な団地が数多く建てられました。

そして、修一さんは、住宅公団の仕事に距離を置き、自らの理想を追求する住まいを建て、自らの理想を追求する仕事に携わっていきます。

そして、修一さんは、90歳を迎えます。

自らの理想を追求しながら、どこか淡々と飄々と生きていらっしゃたのではないかと思わせる、修一さんとそんな修一さんに寄りそう奥さんの英子さん。

素敵でした。

こんな、年の取り方、できるかなー・・・。

 

では、映画の中のフレーズで、このブログを締めくくります。

 

風が吹けば、枯れ葉が落ちる。

枯れ葉が落ちれば、土が肥える。

土が肥えれば、果実が実る。

 

こつこつ、ゆっくり。

人生、フルーツ。

日本語、練習するの!? ーSEA Forum in May 2017 [「伝わる日本語」の練習 ]ー

なんだか、唐突なタイトルになってしまいました。

こんにちは、たかくです。

一昨日(2017年5月18日)、SEA(ソフトウェア技術者協会)主催の

「SEA Forum in May 2017 [「伝わる日本語」の練習」に参加してきました。

テストエンジニアとして、日本語の重要性は、認識していたものの、

高校で、国語が大っ嫌いだったたかくとしては、かなり避けていたテーマです。

ですが、思い切って、受講してきました。

 

では、報告まで!!

1.アウトライン
   先日、阿部 圭一先生(静岡大学名誉教授)と冨永 敦子先生
  (公立はこだて未来大学准教授)が『「伝わる日本語」練習帳』を出版されま 
  した。今回のフォーラムは、この出版の背景(現在の大学・産業界の状況)
  について、お二人に講演いただき、さらに演習・意見交換を行うものでした。

 

2.サマリー1

  阿部先生の講演要旨です。

 

 (1)なぜ、今、日本語文章技術か

  ・日本の現状:「文学的な文章」と「伝わる文章」が、別々に教えられている
  ・オフィスの生産性向上が、産業の生産性向上につながる時代であるにも
   関わらず、日本語表現技術は、拙いままである
       阿部先生は、この現状を非常に憂いていらっしゃいました。
 
 (2)なぜ、「伝わる日本語」練習帳を出版したか
  ・日本語表現技術は、アメリカのEnglish Writingに比較して、30年遅れている。
       ・日本語表現技術の拙さは、仕様書・マニュアル・特許文書を作る上で非常に
   マイナスである。
       ・日本の学校教育の現状を観ると、情と理のテーマがごちゃ混ぜであり、
   素材の選別と表現の構造化に対する考慮も不十分である。
       ・IEEEにおいても、英語表現技術の研究グループがあるにも関わらず、
   日本には意見交換の場すらない
   (大学間においても、大学・企業間においても)。
       ・日本語技術の書籍は、自己啓発本として、いくつか出版されているが、
   言いっぱなし、書きっぱなしの域を越えていない。
       ・このような現状を打開する一歩として、今回、『「伝わる日本語」練習帳
   を出版されたそうです。
 
 (3)練習の大切さ
   阿部先生の教育者としての経験に基づくと
            ・学生の論文力向上⇒添削が効果的だが、コストパフォーマンスが悪すぎる。
            ・そのため、「赤ペン添削」になりがちになる。
            ・しかし、赤ペン添削は、事実上、教官が直すものであり、なぜ、
    直されたか学生は考えない。
        そうです。※「うん十年前」のたかくは、そんな学生の1人でした。(^-^;)
 
  阿部先生・冨永先生は、学生が自律的に学習できるようにするため、
  今回の出版に際して、
           ①先行者の意見を広く集める。
   ②語、文、パラグラフ、全体構成の各レベルと重要度を考慮して、
    取り上げる指針を選ぶ。
   ③全ての指針を単に並べるのではない。
   ④例題・演習問題を豊富に含める。
   ⑤題材をなるべく広いフィールドから集める。
  ことに腐心したそうです。
       
 (4)阿部先生の描く未来
   ・「日本人のための日本語教育」学会が設立されて欲しい。
   ・そして、大学・企業の枠を超えた意見交換の場であって欲しい。
  このことを切に願うとして、阿部先生は講演を締めくくられました。

3.サマリー2

  冨永先生の講演要旨です。

  冨永先生は、公立はこだて未来大学での教育カリキュラムを中心に

  講演されました。

  (1)公立はこだて未来大学:1年次の必修科目

   ・公立はこだて未来大学:1年次においては、プログラミング、数学に次いで、

   「文章表現教育」が必修科目になっています。

  (2)「文章表現教育」のカリキュラム

   ・授業形態は、対面授業とeラーニング(オンデマンド)の
    ブレンド型授業です。
   ・対面授業では、技法に関する講義が、eラーニングでは、演習が行われます。
   ・1クラス80名の必修科目であるため、eラーニングに対面の
    ピア・レビューを加えています。
   ・ピア・レビューには、あらかじめ、観点チェック項目が決まっています。
   ・1クラス80名の大所帯であるため、ピア・レビューは、学習者同士の
    少人数グループで行われます。
   ・eラーニングでは知識の獲得が、ピア・レビューでは他者からの指摘が
    得られ、相乗効果が得られます。

  (3)ピア・チューターリングによって得られるもの

   ・公立はこだて未来大学には、「学習支援センター」が設置されています。

   ・チューター役は、教官ではなく、TA( technical assistant )役の学生が担います。

   ・「文章表現教育」においても、TA役の学生ががんばっています。

   ・学生は、後輩を指導することにより、自分自身も大きく成長します。

   ・「文章表現教育」においても、「何が良い点か」、「何が改善点か」を

    学生自身が考えることにより、自律的に学習します。

 
4.まとめ
 ・これからの産業界・大学の両方において、「日本語表現技術」の向上は、
  必要不可欠な要素になっていると思います。
 ・大学教育においても、これまでの講義中心のカリキュラムだけでなく、
  ピア・チューターリングの導入が大切になっています。
  公立はこだて未来大学においても、チューター役の学生は、社会性スキルの指標
  「Kiss-18」のポイントがアップしているそうです。
 ・社会人のOJTでも、背中を見せる職人気質の教育でなく、
  業務外における演習(コンテンツを選りすぐる必要はありますが)と
  新入社員同士のピア・チューターリングの導入を検討する
  時期に来ているのではないかと思いました。

 参考リンク

https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E4%BC%9D%E3%82%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%80%8D%E7%B7%B4%E7%BF%92%E5%B8%B3-%E9%98%BF%E9%83%A8-%E5%9C%AD%E4%B8%80/dp/4764904551

 

http://www.kindaikagaku.co.jp/literacy/kd0455.htm

改めて、「品質保証」とは? ~SEA Seminar in April 2017~

5月の連休明けに、新しいプロジェクトが始動するたかくです。次の仕事は、何かというと「とあるソフトウェアのテスト」です。※内容については、業務上差し控えさせていただきます。(*´∀`*)

さて、2017/4/21にソフトウェア技術者協会(SEA)が主催した、「SEA Seminar in April 2017」に参加してきました。備忘録を兼ねて、内容を書き留めます。

 

1.アブストラクト

 SEAでは、ソフトウェア品質保証について、改めて考えるセミナーをスタートしました。

講師は、品質保証の世界では知らない人はいない、奈良 隆正さん(NARAコンサルティング 元日立製作所)です。

奈良さんの知見を元に、日本のソフトウェア品質保証の歴史を辿り、今後のあり方を考えるのが、このセミナーの主旨です。

 

2.品質保証のイメージ:若手エンジニアにとって

 昨今の若手エンジニアは、品質保証をどのように捉えているのでしょうか?

奈良さんに寄れば

①若手エンジニアは、コーディング以外の工程を雑用と捉えている。(特に35歳未満)

②押しつけられる

③余計な仕事

④がんばってデータとっても、具体的な解決策は示されない

⑤品質保証部門の担当者は何をしているのかわからない

うーん。散々ですね。特に奈良さんは、「①」を憂いていました。

こんな状況を少しでも改善したいという奈良さんそしてSEAの事務局の皆さんの思いがこのセミナーをスタートさせるきっかけとなっています。

3.日本の品質保証の定義

ここで、有識者の品質保証に対するコメントを紹介します。

石川 馨氏(1981)

□品質保証は品質管理の真髄。消費者が安心して、満足して買うことができ、それを

 使用して安心感、満足感をもち、しかも長く使用することができるという品質を

 保証すること。

 

飯塚先生(2005)

□お客様に安心して使っていただけるような製品を提供するためのすべての活動。

 

にしさん(2006)

□品質保証活動とは、品質リスク(バグがあるかもしれない)を最小にする活動。

なお、にしさんは、このようにこのコメントをTwitterで全力で否定しています。(^_^)

 

4.日本の品質保証とは?

奈良さんは、品質保証を次のように定義しました。
□製品(サービス)を使ってもらうユーザーに「安心感」を持っていただくため、
 開発者、提供組織が行うべき諸活動
□開発者の仕事はすべて品質保証に直結している
□品質保証はアクティビティ(活動)である。ワーク(作業)ではない。
□ソフトウェア品質管理は:
 全プロセス、全組織・全員参加、多岐に渡る活動
 
5.ソフトウェア品質保証~黎明期・隆盛期~
 
□黎明期~1970年代~
 ・ハードウェア品質管理手法の導入
 ・ソフトウェア工場制度導入
 ・標準化されたプロセス(手順)を繰り返すことで組織に開発のノウハウを蓄積し製
  品の品質を向上させていく手法
 
 ・水際作戦
 ・体力勝負⇒開発者10人 VS. 品質保証1人
 
 ・開発ドキュメントの必要性が高まった時期
 ・コンピュータをIBMと呼んでいた時代
 
□隆盛期~1980年代~
「日本的品質保証」が確立された時期
 ・背景:ソフトウェア開発量の爆発的増加⇒水際作戦から開発フェーズの
     品質管理重視へ
 ・ソフトウェア工場制度の定着
  ⇒製品完成度重視
  ⇒日本的品質管理の導入
   ①PCDA
   ②QC7つ道具
    ⇒80年代前半は、体系的に活用されない。後半から体系的に活用される。
   ③小集団活動(全員参加)
 ・ソフトウェア検査部門の独立(発展、定着期)
  ⇒検査部門は開発の全プロセスに対して関与
 ・V字モデルに基づく管理体系の構築、普及
 ・メトリクスや管理技法の開発、普及
 
 ・「品質管理≓バグ管理」の時代
 
 ・品質保証の手法は進化したが、開発手法は進化しなかった時代
 

5.ディスカッションタイム&懇親会 

 

様々なコメントが登場しましたが、ボクが懇親会で投げかけた1つの疑問を紹介しま
す。
 
何故、日本は、ハードウェアの品質管理をソフトウェアに適用したか?
何故、欧米のソフトウェア管理手法を研究しなかったのか?
 
この疑問に対する先達の答えを紹介します。
 
①日本の要求仕様は欧米と比較してシビア(特に見た目にこだわるのは、日本だけ)
②結果、要因が不足する
③素人を即戦力でエンジニアとして、現場に出した
④コンピューターサイエンスのスキルを持つ技術者を育成しなかった
 
そのため、日本独自の開発手法・品質保証の手法が生まれ、ソフトウェア開発もガラパ
ゴス化したのではないかとの意見がありました。

 

6.まとめ

 ・今回は、80年代で時間終了でした。

 ・続きは、第2回です。

 ・参考リンク  

https://www.facebook.com/groups/247095969032805/?fref=ts

http://sea.jp/

 

 

 

 

THE LAST TRAIN

根が単純なせいか、東京メトロの動画、"THE LAST TRAIN"を観ると、思わず、目頭が熱くなってしまいます。

 

がんばって、いい仕事したいなー。


働くって、いいもんだ。THE LAST TRAIN|春に退職する駅員へ、終電後の駅で仕掛けたサプライズ。